多摩の人気のある霊園のタイプを解説

多摩地域は東京都心から見ると近郊ということになりますが、都心のようなあわただしい雰囲気もなく、広々とした敷地をもつ緑あふれる住宅が、丘陵部を開いてつくられたニュータウンのなかに建ち並んでいる、たいへん住みよい環境にあるといえます。こうした人が集まるところでは墓地の需要も多いことから、エリア内のいくつかの場所には広大な霊園が営まれています。伝統的なタイプとしては、土地を区切って外柵を設け、そのなかに墓石を配置するスタイルということになりますが、この地域における人気としては、伝統的なタイプのほかにも、公園墓地をはじめとする、新しいタイプのものが登場してきています。こうした人気のタイプは、区画が埋まって募集が停止されるおそれもありますので、早めに申し込みをしておく必要があります。

人気がある公園墓地タイプの募集

多摩地域における人気の霊園としては、公園墓地とよばれるタイプのものが挙げられるでしょう。この公園墓地というのは、文字どおりの意味であって、敷地内が公園のように美しく樹木や花壇が整備されている墓地のことをいいます。ただし、このタイプにはさらに細分化された種類があって、基本的には個々に墓石を建立するものの、洋風、和風を問わず、比較的自由なデザインを認めているものや、あるいは大きな墓石をひとつずつ区切られた区画に建てるというのではなく、合葬形式で他の人とともに骨壷を埋蔵するというもの、さらには樹木の根元などに細かく砕いた遺骨を散骨する形式のものまであります。価格帯としても比較的安価なことが多く、景観にも優れているというところが魅力であるといえます。

永代供養墓などの管理が容易なものも人気

多摩地域の霊園のなかでも、最近では永代供養墓とよばれているような、管理が容易なものも人気となっています。この永代供養墓は、亡くなった人の家族などが供養を続けなくても、寺院が責任をもって後々までの供養をしてくれるというスタイルの墓地を指しています。場所によって違いはありますが、墓石を個別に建てる必要がないほか、毎年の管理費もかからないなど、経済的な負担が少なくてすむほか、宗旨を不問とすることが多く、申し込みをする上でのハードルは低いといえます。外観としては、伝統的な墓地を大きくしたようなものであって、他の人との合葬という形式で、多くの骨壷を埋蔵することができるようになっています。核家族化が進んで祭祀をつかさどる人がいなくなったとしても、寺院が供養を続けてくれるので安心というのが最大のメリットとなっています。