多摩で霊園を購入する際のチェックポイント

東京都の多摩地域は、丘陵部を中心としたニュータウン開発が進み、都心からの鉄道路線も充実しているなど、主として良好な居住の場としてのイメージが強い地域であるといえます。それとともに、大正時代にはすでに、わが国ではじめてとなる公園墓地としての多磨霊園が開業しているなど、実は墓地選びの上でもはずせないスポットのひとつであるということができます。もしもこの地域での購入をこれから考えるのであれば、いくつかのチェックポイントについて十分に吟味をした上で、希望する条件にしたがった内容になっているかどうかを確認しておきたいものです。少なくとも日頃の買い物である食料品や娯楽品のように、気軽に購入できるものではありませんので、しっかりとした事前準備がたいせつとなります。

立地や設備について確認をしておく

多摩地域での霊園選びのチェックポイントとしては、まずは立地や設備についての確認をすることが挙げられます。この地域に属する場所は広いため、鉄道の駅よりもだいぶ遠くにあったり、道路事情から自動車でも行きにくいといったことはあるはずです。そうした場合、特に歳を取ってからの墓参が困難になる可能性がありますので、先々を見通した上で検討すべきといえます。設備に関しても、たとえば現地に常駐の管理事務所があれば、墓域が荒らされるようなこともなく、安心して管理をまかせることができます。また、現地にある程度の葬祭ホールのようなものを持っていることもあり、この場合は、定期的な法事などの際に、おおぜいで集まることができるというメリットがあります。売店のようなものがあれば、線香や生花を購入するにあたっても便利です。

墓地のタイプによって選択肢は異なる

多摩地域で霊園を選ぶ際には、墓地のタイプも重要な要素になってくることを念頭に置いておいたほうがよいといえます。一般的な墓地というのは、区画を独占して、そこに墓石を建てるようなタイプであるため、区画の面積や、区画の全体における位置関係などが選ぶ際のポイントになります。ほかにも、壁型の墓地といって、面積が小さくても一定の供養が可能になっているようなタイプもあり、価格的に一般のものよりも安くなっています。そのほかにも、コインロッカーのように、立体的に区画されて納骨ができるようになっているタイプなどもあり、これは比較的新しいタイプとはいえますが、意外と人気があるものです。このように、供養をする方法によって、選択肢として何が含まれるのかも異なってきます。