多摩で霊園を買いたい人のためのチェックポイント

お墓はマイホームと同じように、ほとんどの人が一生に一度の買い物となります。もしも購入後に、購入したことを後悔したとしても、永代使用料や墓石の代金は返金されないことがほとんどです。そのためお墓を購入する際には、マイホームを購入するときと同じように、何度も見学を重ねて、慎重に判断をしたいものです。お墓はどれを購入しても、みんな同じだと思っている人もいるかもしれませんが、その考えは大間違いです。多摩で霊園を購入する際には、事前に情報収集をしたり、現地でしっかりと確認を行うことが必要です。事前の情報収集の段階でチェックしておきたいポイントや、現地で確認しなければならない注意点を知っておく必要があるでしょう。交通アクセスや立地、環境、施設ある費用など様々なことを確認しましょう。

自分の宗派が合うかどうか確認しましょう

まずは宗派です。多摩で霊園を購入する場合には、受け入れることができる宗派と、できない宗派があります。自分の属している宗派はなんなのか、この先継承する人を含め、今後どのようにしていきたいかということも検討する必要があるでしょう。チェックポイントとしては、宗教不問である場合には宗教は一切問われません。在来仏教とある場合には、昔からある日本の代表的な仏教宗派が属します。次に大切になるのは交通アクセスや立地です。お墓を購入したら、そこに定期的にお墓参りに行くことになるでしょう。まだ健康な時には気にならないとしても、年齢を重ねるごとに足腰が弱くなった場合や、車が利用できなくなった場合に、お墓参りは大きな負担となる可能性があります。将来のことも考えて、交通の便やアクセスをしっかりと確認しておきましょう。

費用や周辺の環境も大切になります

多摩の霊園を購入する際に、一番気になってくるのはやはり費用の面でしょう。価格帯や支払い方法も含めてしっかりと把握しておく必要があります。その他にも、彫刻費や法要の際にかかる諸経費も頭に入れておくようにしましょう。チェックポイントとしては、墓石の費用、永代使用料、管理費などがあげられます。そして環境も重要なポイントとなります。多摩の霊園は自然の中にあるものです、夏の日差し、冬の降雪、雨風など、周りの環境に溶け込んでいくものでもあります。お墓の周りだけでなく、周辺の環境もチェックしておくようにしましょう。お墓参りに行った際に立ち寄ることができるスポットがあれば、帰りに利用することもできます。チェックポイントとしては、日当たりや風通し、水はけや地盤、木々や害虫などのチェックをしておきましょう。